日本のユーザーへの対応力

日本人ユーザー

近年、海外よりも日本に注目が集まっています。オンラインカジノ側とすればプレイヤーが増えれば、より多くの利益を得られる可能性が高くなるからです。しかし日本人からすれば、オンラインカジノは海外のサービスである以上、外国語を理解しなければならないという問題を抱えています。外国語で表示されていると、わからないと判断して遊んでくれません。その為運営側としては、日本語のサービス強化を心がけています。

日本語で書けばユーザーは増える

オンラインカジノとすれば、ユーザー増加のためには言語を変えるのが重要と判断しました。そこで日本語を使えるように、サポート体制を充実させています。サポートを受けることで、日本語でサイトを閲覧できて、オンラインカジノを始めやすくなりました。ただ日本語で書かれているのは、信頼性に影響が出ます。オンラインカジノの問題として、日本語で書かれているのは危険とされます。そこで日本語以外の言語も選択できて、世界中の人が見られる仕組みにしています。
このような方法を使わないと、ユーザーの信頼度に影響が出たり、審査機関に言われます。日本はオンラインカジノが元々禁止されているので、一応良心の範囲内でプレイしてもらっています。積極的に日本語を推し進めると、それは危ない可能性も出てしまうのです。

日本語ライブチャット

チャットでのサポートを行っている

チャットで相談できる仕組みを採用していますが、こちらにも日本語のスタッフを配置しているのです。配置することで、日本人はオンラインカジノへの問い合わせが簡単にできます。必要な情報を日本語で送れるので、後は回答を待つだけです。この回答もしっかりと日本語で書かれていますので、基本的に読み方がわからないと感じることはありません。
チャットのサポートが生まれたことは、日本人にとってプラスとなりました。メールだと返ってくるスピードが遅くなっていたり、思っていたような回答が得られないこともありましたが、チャットならすぐにその回答を得られるようになり、改善が期待できるからです。

日本人を狙いすぎないようにする

オンラインカジノの運営会社は、日本人をオンラインカジノに呼び込む為様々な方法を採用していますが、あまり狙いすぎると犯罪と判断されて、摘発される可能性が高くなります。そこでオンラインカジノ側は、海外のユーザーを優先して狙っていることを示しつつも、オンラインカジノで日本人を増やして、より多くの利益を生みたいと思っています。力を入れすぎない程度の運営をする事が大事なのです。