オンラインカジノとは?日本でもできる?

オンラインカジノとは名前の通りオンライン、つまりネット上で行うカジノのことです。
ただの遊びのカジノとは違い、実際にお金を賭けて遊べるカジノであり、要は本場のカジノをそのままネット上でも行えるようにしています。
日本で賭博は禁止されていますが、日本国内でもオンラインカジノで遊べるのでしょうか。

オンラインカジノとは?
実際のお金を換金した現金チップと呼ばれているチップを使い行うネット上でのカジノのことで、1995年に誕生したといわれています。
パソコンだけではなく最近はスマートフォンからでも遊べるようになり、その気軽さと手軽さから全世界に8,000万人ものプレイヤーが存在しているのです。
日本にカジノかないためかまだそこまで浸透していませんが、海外でオンラインカジノは有名なギャンブルの1つとなります。
本場のカジノまで行くことが出来ない人、少しギャンブルに興味があるから体験してみたいというような人達はもちろん、ギャンブルで生計を立てているギャンブル好きも利用しているのです。

特徴
オンラインカジノの最大の特徴は、世界中電波が繋がる場所であればどこでも遊べることでしょう。
ノートパソコンの大きな画面でやる人、デスクトップパソコンでがっつりやり込む人など様々です。
また、スマートフォンの爆発的な普及のお陰で更に手軽に遊べるようになりました。
電車での移動中に少し息抜きとしてやる、仕事の休憩中に遊ぶといったことが出来ます。

ぺイアウトというギャンブルでいうチップの還元率が高いこともオンラインカジノの特徴で、本場では40%から80%という還元率になるところ、オンラインカジノではなんと97%にもなるのです。
これはかなりの差ですよね。
わざわざお店に出向いてカジノをするより還元率の良いオンラインカジノを選ぶ人が多いのではないでしょうか。
上手くいけば少ない掛け金であっという間に大金に手に出来るはずです。
少しでも勝ちたいという人は、ぜひオンラインカジノに挑戦して下さい。

魅力とは?
店内の臨場感を体験出来ないからオンラインカジノは微妙、と思う人も少なからずいるでしょう。
そこら辺をきちんと考えているのもオンラインカジノで、ライブカジノというジャンルを設けているところがあります。
どのようなカジノかというと、ライブ映像を使用したやり方でまるでその場にいるような感覚でカジノを楽しむことが可能です。

カジノでお馴染みのジャックポットをきちんと搭載していることもオンラインカジノの売りで、一発逆転を狙い白熱したゲームを楽しめるでしょう。
ジャックポットは当たりを当てる人が出るまでどんどん賞金が上乗せされていくため、場合によっては1億を超えるお金を手に出来ます。
ロマンと夢がありますよね。
本当に当たるのかと疑う人もいるでしょう。
しかし、実際に日本人プレイヤーが当てた実例がいくつかあるので都市伝説ではありません。

いきなりお金を賭けてカジノで遊ぶのは怖い、詐欺ではないのか確かめたいという人向けに体験版オンラインカジノがあります。
無料で体験が可能なので、オンラインでカジノをするとはどういうことなのかを手軽に経験出来きるのです。
家にいながらパソコンで遊ぶもよし、外でスマホ片手にやるとどうなるのか試してもいいでしょう。
お金をかけずに始められるので安心です。
オンラインカジノが面白いということを身を以て体験してみて下さい。
慣れたらお金を賭けて始めればいいのです。

安全性は?
お金を賭ける遊びとなるため心配な点は、詐欺ではないかどうかでしょう。
賭けるだけ賭けて当たらずに終わるのではないか、お金を全て取られて終わりなのではないかと心配なります。
そのような心配はオンラインカジノにはなく、有名なオンラインカジノは全て属している国が「信用出来る」とライセンスを発行しており、また外部の機関が安心安全なのかをきちんと審査しているのです。
そのため、不正をするようなオンラインカジノはすぐに検挙されてしまうでしょう。

出始めの頃は外人向けということて説明は全て英語、サポートも全て英語と日本人にはかなりハードルが高いものでした。
最近は、全て日本語で対応してくれるオンラインカジノも珍しくありません。
英語に自信がない日本人でも安心して遊べます。

日本でのオンラインカジノの扱い
日本といえば賭博が禁止されているためギャンブルは禁止というイメージが強く、法律で禁止されているのでカジノのようなギャンブル施設は存在していません。
では、オンラインカジノはどのような扱いになるのでしょうか。
実はグレーゾーン扱いになっており法律違反とは言い切れないのが現状です。なぜなら、オンラインカジノを経営している会社はギャンブルが認められている海外だからです。
そのため、日本でオンラインカジノで遊んだとしても日本の法律は効果がないため罰さられない、という訳になります。